令和5年度第4回Jブルークレジット®購入申込者公募を実施中です。

Jブルークレジット クレジット管理簿について

Jブルークレジット制度では、「クレジット管理簿」を整備して都度更新し、これを適宜公表して一般の閲覧の用に供することとしております。その項目内訳(予告なく追加変更等がされる場合があります。)は以下のとおりです。
プロジェクトの名称・実施
Jブルークレジット制度において登録されたプロジェクトに関し、Jブルークレジットの認証・発行ごとに、次の各項目が登録されます。

  • プロジェクト番号
  • プロジェクト名称
  • プロジェクト実施者
  • プロジェクト実施期間
クレジット認証・発行
認証・発行されたJブルークレジットに関し、次の各項目が登録されます。

  • 認証年月日
  • 発行年月日
  • 数量 [t-CO2]
  • シリアル番号
  • 属性
クレジット当初保有・譲渡
発行されたJブルークレジットの当初保有及び登録上の保有状態に関する情報として、次の各項目が登録されます。

  • 当初保有者
  • 口座番号/法人情報/ステータス
  • 譲渡年月日
  • 数量 [t-CO2]
  • シリアル番号
  • 譲受者/保有者
  • 口座番号/法人情報/ステータス

※ 「ステータス」欄の記載・記録により、「当初保有者」「譲受者/保有者」として登録された各事業者との関係で、当該クレジットの帰属等に関する状態を確認することができます。

クレジット無効化
Jブルークレジットの活用(無効化)の了否等に関する情報として、次の各項目が登録されます。

  • 無効化年月日
  • 数量 [t-CO2]
  • シリアル番号
クレジット残余
登録簿上で未だ活用(無効化)がされていないJブルークレジットについて、次の各項目が登録されます。

  • 数量 [t-CO2]
  • シリアル番号
クレジット番号の表記等について
例えば、
202xJBCT000xx-0000yから202xJBCT000xx-000zzまで(正式表記)

202xJBCT000xx-0000yから000zzまで(略式表記)
は同義です。
ここで、「202xJBCT000xx-」を「クレジット親番」といい、
「0000y」「000zz」を「クレジット枝番」といいます。
クレジット枝番の連番表記については共通するクレジット親番の表記を一部省略し、略式表記することができます。